法人・個人事業主向け

個人の方向け

第1号*風俗営業許可申請  *キャバクラ・ホストクラブなどの社交飲食店

1号以外の許可申請につきましても、今後順次更新していく予定です。申請自体は承っておりますので、詳細はお問合せください。

申請の流れ

当事務所とお客様でのお打合わせ

@申請者・管理者、人的欠格事項 A申請内容(店名、営業方法等)・手続 B必要書類 Cスケジュール・報酬 D店の構造・設備、周囲状況 などにつきまして、確認・打合せをいたします。

人的欠格事項とは

@成年被後見人、被保佐人、破産者で復権を得ない

A1年以上の懲役・禁固、風俗関連で1年未満の懲役・罰金から5年を経過しない

B集団的・常習的に暴力的

C中毒者

D許可取消しから5年を経過しない

E役員が上記どれかに該当

F営業が成年なみでない未成年

 ↓

営業所を設置できるかどうかの確認

営業所が設置を制限する地域に該当しないことの確認をいたします。

下記のいずれかに該当すると、営業所を設置できません。

●営業禁止場所

・第一種低層住居専用地域

・第二種低層住居専用地域

・第一種中高層住居専用地域

・第二種中高層住居専用地域

・第一種住居地域・第二種住居地域・準住居地域

(伊那市・辰野町・上松町・山ノ内町の一部地域を除く)


●距離制限

そばに学校・図書館・児童福祉施設・病院(商業地域30m、商業地域以外100m)

必要書類の用意

下記書類が必要です。※打ち合わせの際に、揃えていただく書類をお伝えします。

・住民票(本籍記載)又は 外国人登録証明書

・身分証明書

・登記されていないことの証明書

・写真2枚(3cm×2.4cm)

・営業所の平面図

・使用権限証明書

・保健所の飲食店営業許可証 又は 店舗検査結果票*

・誓約書


 *飲食店営業許可を得ていない場合は、保健所へ申請します。

  ある程度時間を見込む必要があります。


加えて、法人の場合は以下の2点も必要です。

・定款

・登記事項証明書


測量・調査

営業所の測量・設備(証明、音響、備品)の調査をいたします。

市建築指導課・消防局による立会検査

お客様やビル・テナントのオーナー様に立会いをお願いする場合があります。

申請書類の作成〜申請

当事務所にて申請書類を作成し、警察署に申請いたします。

警察による居住確認

警察がお客様に、電話で居住確認します。

警察による現地確認

警察が現地確認します。(申請から約20〜40日後、30〜40分程度)

許可

申請からおよそ2か月程度で許可証が交付されます。

報酬

160,000円〜250,000円(客室面積や営業形態等によって変わります)

※別途消費税(8%)がかかります。

Copyright (C) 2012 Shirakaba Gyoseishoshi Lawyer Office, All rights reserved.