法人・個人事業主向け

個人の方向け

管理業務主任者登録代理申請

管理業務主任者とは、マンション管理のマネジメント業務を行う者をいいます。

これらの者は、国土交通省令によって、マンション管理を行う事務所ごとに一定の人数を設置することが定められています。

その職務は、マンション管理の前提となる管理受託契約の重要事項の説明から、受託した管理業務の処理状況のチェック等及びその報告までに及びます。

そして、この管理業務主任者となるには、管理業務主任者試験に合格したのち、管理業務主任者として登録し、管理業務主任者証の交付を受けることが必要です。

日常の業務を行いながら、様々な役所に手配したり、郵便局へ何度も足を運ぶことは大変なことです。

しかし、登録及び主任者証の取得は、代理人によって行うことが可能です。

当事務所ではこれらの手続の代行を行っております。

まずは下のチェックリストでチェックしてみてください チェック

□ 管理業務主任者試験合格書か移行講習会修了証明書がある

□ 管理業務主任者資格登録にかかる実務講習終了証明書か登録実務講習修了証がある(これらがなくても移行講習会修了者か2年以上の実務経験者である)

□ 成年被後見人(1999年以前は禁治産者)でない

□ 被保佐人(1999年以前は準禁治産者)でない

□ 破産者(復権を得ていない)でない

□ 禁錮以上の刑に処せられていない(処せられていても執行が終わったり、受けることがなくなってから2年以上経っている)

□ 「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」違反で罰金刑に処せられていない(処せられていても執行が終わったり、受けることがなくなってから2年以上経っている)

□ マンション管理士の登録を取り消されてから2年を経過しない者でない

□ 試験合格(移行講習会修了)から1年が経っていない(経っていても交付講習を受けた)

全ての□にチェックが入りましたか?

1つでも□にチェックが入らない項目があれば登録できません。

以下が手続きの流れです。役所にて最低2ヶ月はかかりますので、全体で3ヶ月程度の期間を見てください。

お客様のご負担は、「ご入金、写真撮影、合格証明書等の準備、書類への署名・押印、ポストへ投函」の手間だけです。

郵便局や各役所とのやり取りを当事務所にて行います。

  ※詳細な手続図は作成中です。しばらくお待ちください。

お申込み手順

チェックリストでチェックした後、当事務所あてにメールフォームよりご送信ください。

 ・ メールフォーム(下記をコピーしてお使いください。)

   ※FAX、お電話でも承ります。メールをご使用にならない方もお気軽にご連絡ください。

メールフォームの「お問合せ」欄に以下をコピーしてご記入ください。


【件名】管理業務主任者登録代理申請を申し込みます。

【ご住所】: ご記入ください。

【申込み内容】

@試験合格日または移行講習会受講日: ご記入ください。

A実務に携わる資格: 実務講習終了者か登録実務講習修了者か移行講習会修了者か2年以上の実務経験者であるのかをご記入ください。

B私は、マンションの管理の適正化の推進に関する法律第59条第1項各号に掲げる欠格要件に該当しないことを確認しました。


料金表

実費は目安です(自治体等の手数料などが異なるため)。実費にてご請求させていただきますのでご了承ください。

実費 登録申請手数料 4,250円
交付申請手数料 2,300円
住民票 約200円〜500円(お住まいの地域によって異なります)
身分証明書 約200円〜500円(お住まいの地域によって異なります)
後見等登記事項証明書 300円
文書通信費 1,600円(返信用封筒などもお付けします)
定額小為替手数料 100円
報酬 10,000円
合計 約18,950円〜19,550円

Copyright (C) 2014 Shirakaba Certified Administrative Procedures Legal Specialist, All rights reserved.